情報漏洩を防ぐため、セキュリティ強化、常時SSL化(HTTPS化)を実施しました。

 icon-arrow-circle-right 常時SSL化

日頃は株式会社KJRSをご覧頂き、誠にありがとうございます。

当社はセキュリティ強化のため弊社サイト全ページを常時SSL化HTTPS化)しました。
常時SSL化とは全ページの通信を暗号化することで、第三者による「盗聴」「改ざん」「なりすまし」などを防止するセキュリティ対策を強化致しました。

お問合せフォーム求人フォームへの個人情報の書き込みは、悪意のある第三者への漏洩はされませんので、ご安心ください。

これに伴いURLの開始部分が「http://」から「https://」に変更されました。

 

旧: http://www.kjrs.co.jp/
新: https://kjrs.co.jp/

 

「http://」でアクセスしても自動的に「https://」に転送されますが、不具合ではございません。

OSやブラウザによっては暗号化されたページが正しく表示されない不具合もございます。

最新版のブラウザでは、正しく表示されますので、恐れ入りますがバージョンアップをお願い致します。

 icon-arrow-circle-right 暗号化とは?

Google(グーグル)社は、2018年7月中にGoogle「Chromeブラウザ」で暗号化していないウェブサイトに対して「このサイトは保護されていない通信」、「このサイトは保護されいません。」と表示することが決定しました。
暗号化されているウェブサイトには、「保護された通信」と表示がされます。暗号化されていないサイトは、そのままですが安全ではない、セキュアではないウェブサイトと判断されるわけです。
この決定は、2018年7月にリリース予定となっているGoogle「Chrome68」に実装するとのこと。ウェブサイトのユーザー、顧客、閲覧者からすると安全でない、セキュアでないウェブサイトは、「個人情報漏えい」の恐ればあるので訪問してもすぐに離脱してしまいますね。
暗号化されたウェブサイトであれば、安全、セキュアとは一概には言えないとは思いますが、信頼できると判断できますね。
ウェブサイトが暗号化されている、暗号化されていない判断ですが、Google ChromeのアドレスバーのURLが「HTTP://」で始まるものは暗号化されていない、「HTTPS://」で始まるものは暗号化されていると非常に分かりやすいです。
まだ、暗号化していないウェブサイトの管理者たちは今年7月までには、暗号化を急ぎましょう。

投稿者プロフィール

ICHI
ICHIクリエイティブインターネット事業推進部マネージャー
Drone Pilot / ドローンパイロット
KJRS Designer / KJRSデザイナー
コメントは利用できません。